ここから本文です

インターンシップ

RECで教えたい講師、
募集中!

「教えることが好き」
「生徒とともに成長したい」
そんな熱意あふれる講師を求めています。

分かりやすい講義をすることは当たり前。
受講生にさまざまな気付きを与え、ともに日々成長していくことのできる講師を募集しています。
興味のある方は、ぜひ下記の申し込みフォームよりご連絡ください。
やる気と熱意にあふれたあなたのご応募を、心待ちにしております。

RECってどんな会社?薬剤師予備校講師ってどんな仕事?どんな人が向いているの?
知りたい疑問の解決や、就職活動や進路選択の視野を広げていただく機会として、ぜひご参加ください。

対象
薬剤師資格取得者、薬学部5年生、6年生、既卒者
開催日
1月25日(土)、3月8日(日)
募集定員
各10名
【タイムスケジュール】
9:30〜 受付
10:00〜 会社概要・講師職説明、ワークショップ、グループワーク、質疑応答
18:00〜 懇親会

※昼食はこちらでご用意いたします。

次回開催につきましては、
本ホームページで告知させていただきます。

講師インタビュー

  • 南 智史
  • 大政 だいじろう
  • 南 智史 講師

    担当科目

    物理化学/放射化学/生薬学/生化学
    物理薬剤学/法規/実務

    Q

    講師になったきっかけは何ですか。

    A
    とにかく自分は人前で話すことが苦手なため、人前で話すことが出来るようになりたかったことと、人前で話せるようになった自分は今より少しは成長しているだろうという漠然とした予想でした。
    Q

    講師になるために苦労した事を教えてください。

    A

    人前で話すことが苦手だったため、同時期に入社した他の講師より講義が出来るようになるまでに要する練習や時間は多かったですね。

    また、自分が分かっていることであっても、それを相手に分かるように伝えることの難しさを知り、自分の無力さを入社してすぐ実感したことも昨日のことのように覚えています。

    ただ、これらの苦労を乗り越えて、「先生から教えてもらって点数が伸びました。」「すごく分かりやすかったです。」と学生様から言っていただいた時は、今までの苦労が一瞬で吹き飛ぶほどの喜びを得られるんです。

    それからは「より分かりやすい講義をしたい!」という気持ちを持って講義しつづけて、今に至ります。振り返ると「人前で話すことが苦手」だった自分は「人前で話すことが好き」な自分に変わっています。今は本当に講師をやって良かったと心の底から思えます。

    Q

    仕事のやりがいを感じるところは。

    A

    先ほども答えた通り、学生様から「すごく分かりやすかったです。」と言っていただけたときの喜びは、口では言い表せないほどです。
    しかし、それを軽く超える喜びがこの仕事にはあります。それは、自分が教えてきた学生様が国家試験で合格した姿と、その学生様の卒業を目の当たりにした時の喜びです。

    人にはそれぞれ得意なことや不得意なことがあります。学生様にも得意な教科や不得意な教科があり、もっと言うと勉強する事自体が不得意な学生様もいます。

    しかし、どの学生様もある時を境に一気に成績を伸ばし、合格していきます。その成長は、夏期にくるか冬期にくるか国家試験直前にくるか分かりません。
    「この学生はいつも真面目なのになかなか成績に反映されてこないな…」「国家試験合格できるかな…」というように国家試験前、講師はいつも心配ばかりしています。

    そんな学生様が、国家試験直前から成績を伸ばしはじめ、「先生のおかげで合格できました。本当にありがとうございました。」と言ってくれた時は、本当に感動します。私は、独身なので子供はいないですが、「子供が巣立って行くっていうのはこういう感覚なのだろうな。」と最近は思い、学生が卒業することに感動すると共に少し寂しさを感じることもありますね。

    逆に、現実は厳しく、惜しくも合格出来ない学生様もいます。悔しくて涙を流す方もいます。そんな学生様を見るたび、「今年こそは絶対合格させたい。いや、合格させてみせる!」と次の年の目標を掲げ、講師として走り続けてきたように思います。

    毎年、感動やドラマがあり、学生がいる限り目標は絶えることはありません。これに勝るやりがいはないと私は思います。

    Q

    就職活動中の方にメッセージをお願いします。

    A

    色々な企業や薬局、病院など薬剤師は選択肢の広い職種だと思います。今後、長ければ人生の半分を、今から選ぶ就職先で過ごす人もいると思います。そのような点で、これからの選択は重要な意味をもちます。

    私共の会社は、医療業界では珍しく「人を治す」のではなく、「医療人を育てる」会社です。もし、育てることに興味のある方はRECを一度見に来てください。RECは、まだまだ小さな会社ですので、社員1人1人が会社を支え、育てるつもりで働いております。「医療人を育てる」、「会社を育てる」というように育てることが大好きだ!という方をお待ちしております。

  • 大政 だいじろう 講師

    担当科目

    有機化学/機能形態学/薬理学/病態・薬物治療学/実務

    Q

    講師になったきっかけは何ですか。

    A

    私が講師になろうと思ったきっかけは、薬剤師予備校に通っていた友達に「講師やってみたら?」と言われたことでした。
    私はそのとき薬局薬剤師として働いていました。

    もともと人に教えたりすることが好きだったということ、さらには臨床の場で働いていたものとして、これから薬剤師になる学生さんたちに何か伝えられることがあるのではないかという思いもあり、講師になろうと決めました。

    Q

    この仕事の魅力は。

    A

    日々の学生さんとの触れ合いの中で、国家試験合格への思いなどを身近で日々感じたり、聞いたりしていることで、なんとか学生さんのために役に立ちたい!そのために頑張ろう!!と思う気持ちが日々膨らんできます。常に目標が持てて、常に向上心が持てる、そんなやりがいに溢れる仕事です。

    Q

    就職活動中の方にメッセージをお願いします。

    A

    人前に立つのが苦手、大きな声で話すのが苦手だから講師なんて無理!と思っている方、もしいらっしゃれば、それは自分の努力で克服できることだと私は思います。人のために何かを頑張りたい、その気持ちがあれば大丈夫です。自分に苦手なことがあっても、自分にしか出来ないことが絶対にあります。

    自分にしか救えない学生さんが必ずでてきます。自分の可能性を広げて一緒に頑張りましょう!